【田んぼアート2019】天草行った!今が見頃@色んな時期を楽しもう

田んぼアート2019令和!熊本県上天草市松島町教良木に行ってきました☆今の時期が見頃です。青森県田舎館村のの、「おしん」「ガラピコぷ~」。行田市は「いだてん」。新潟・長野・栃木など、どの県も田んぼアートのクオリティが凄い。さて熊本は・・・?

【田んぼアート2019の目次】

スポンサーリンク

▼行ってみた口コミ

熊本市から松島有料道路を使わず、そのまま真っ直ぐ行きました。

近くになってくると途中で「田んぼアート⇒」と道しるべがあります。

田んぼアートの近くまで車で行けます。駐車場がありました。そこに止めて歩きます。

少し坂道を歩きました。

「老岳まちなかアートプロジェックト」ここから綺麗に見えます。展望台?見学台?的な場所ですね。行ってみましょう!

花札から飛び出る「猪(いのしし)」の絵が水田に大きく、描かれていました。2019年の干支は、「亥」。 動物でいうと、イノシシですね。

上の方には「令和」の文字。

近づいてみてみましょう!

田んぼアートは、田んぼをキャンバスに見立てて色の違う稲を使い大きな絵や文字を表現する取り組み。

時期が経つにつれ稲の色が変わる様子もいいですね。

見頃は?

例年7月中旬~8月中旬。

大体、夏休みのに田んぼアートが綺麗に見えるイメージがあります。

今までのアート作品や、2019年の作り方、田植えの過程の様子の写真が展示されていました。

他県田んぼアート

埼玉県行田市

「ラグビー日本代表応援田んぼアート supported by リポビタンD」

青森県田舎館村

「おしん」「ガラピコぷ~」

長野県信州安曇野

「いだてん~東京オリムピック噺~」

新潟県燕市

「下町ロケット」

栃木県小山市

  1. 美田会場(リボンの騎士。鉄腕アトム)
  2. 間々田会場(間々田のじゃがまいた)
  3. 渡良瀬遊水地会場(政光くん・寒川尼ちゃん&とち介)
  4. 絹会場(弱虫ペダル)

他県でも、田んぼアートはあるようですね(*^^*)2019年の「テーマ」を作って田植えを開始するんですね。田んぼのアート!まさに芸術品。

見頃だけではなく、色んな時期を楽しむのもいいのではないでしょうか。

令和元年は、貴重な年。ぜひ、お出かけしに行ってみてください。

▼スポット情報▼

お問い合わせ番号:
住所:熊本県上天草市松島町教良木3655
営業時間:
駐車場:あり
入場料:
ホームページ :
スポンサーリンク