【前田家別邸】天水!夏目漱石の小説「草枕」の舞台へ行ってきた

LINEで送る
Pocket

今回、ご紹介するのは熊本県玉名市天水町小天にある「前田家別邸」です。夏目漱石の小説「草枕」の舞台となった場所へ行ってきました。

【前田家別邸の目次】

スポンサーリンク

▼前田家別邸

明治30年の暮れから同僚と2人で小天温泉へと訪れ、前田家の離れに宿泊し正月を過ごしました。その体験をもとに「草枕」が発表されています。また、前田家別邸の当主「前田案山子(かがし)」は自由民権運動家で第1回衆院議員も務めた名士と言われています。

▼行ってみた口コミ

前田家別邸。左が玄関(門)、右が浴室。

本館跡。建設当時ここには木造三階建ての建物がありました。温泉客用の和室と奥に台所があり、湯殿とつながって旅館として運用されていました。離れとは、廊下の端から屋外の階段でつながり、母屋とは中庭を囲むように渡り廊下でつながれていました。

前田家別邸(北口)です。ここを登ってみました。

夏目漱石が宿泊したと言われる、離れの6畳間へと繋がっています。

「かんてらや師走の宿に寝つかれず」

離れに泊まった際に詠まれた句には、新婚で迎えた正月なのに鏡子夫人を1人残してきた事を気遣う、夏目漱石の思いが込められているのでしょうか。

こちらが、6畳間です。社員旅行で宮崎監督が前田家別邸を訪問。この離れが、映画「風立ちぬ」の主人公宅のモデルかも?と言われています。

離れについて書かれています。

離れから、見下ろした所を撮影。

前田家別邸を裏側から撮影。

この日は、鍵が閉まっていて中を見ることが出来ませんでした。「離れ」の中と「草枕の浴場」は

☑ホームページ

をご覧ください。

いかがでしたか?夏目漱石の小説「草枕」の舞台となった【前田家別邸】ぜひ、行ってみてはいかがでしょうか。

▼スポット情報▼

お問い合わせ番号:0968-82-4511
住所:熊本県玉名市天水町小天766-3
営業時間:9:00~17:00
駐車場:2台
入場料:無料

この記事も読まれています

  1. 【出水神社】熊本!水前寺に、長寿の水があります。

  2. 【ポケモンGO】危険!注意してほしい8つの事。ルールを守って楽しもう!

  3. 【御輿来海岸】熊本宇土、年に数回しか見られない絶景スポットへ

  4. 【旅館日田屋】阿蘇小国町・杖立温泉で泊まってよかった宿1位の限定の宿

  5. 【小泉八雲熊本旧居】怪談の巨匠が過ごした家で思いを馳せる【入場無料】

  6. 【湧々座】熊本城近く!城彩苑で子どもと一緒に、楽しめる場所@料金

スポンサーリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

6,974人の購読者に加わりましょう