【霊巌洞】熊本!500体の石像がある宮本武蔵ゆかりの場所

LINEで送る
Pocket

今回ご紹介するのは、宮本武蔵が晩を熊本で過ごし、洞窟にこもって兵法書「五輪書(ごりんのしょ)」を著したといわれる、霊巌洞です。

【霊巌洞の目次】

スポンサーリンク

 

▼霊巌洞

熊本市西区、金峰山麓にある洞窟、霊巌洞。江戸時代初期の剣術家、兵法家。二刀を用いる二天一流兵法の開祖である宮本武蔵が晩を熊本で過ごし、この洞窟にこもって兵法書「五輪書(ごりんしょ)」を著したといわれる宮本武蔵ゆかりの地です。

▼行ってみた口コミ

駐車場入口には巨大や宮本武蔵の像がお出迎えしてくれます。迫力満点!

敷地に入るとそこには熊本の商人渕田屋儀平(ふちだやぎへい)が、約200年前、24年の歳月をかけて奉納したと言われる無数の石像たち。

五百羅漢と呼ばれるその石像たちはそれぞれ笑ったり起こったら泣いたりとさまざまな表情をしています。

立ち入ると最初はその雰囲気にギョッとして怖いと思ってしまいますが、石像たちの顔をよくよく見るとなんだか愛着が沸いてきます。

石像たちの間を通り抜けていくと、一番奥に霊巌洞があります。洞窟内には岩戸観音と呼ばれる観音像が安置されています。細い階段ですが洞窟の中まで入ることができます。途中急な階段もあるのでお出かけの際にはヒールなサンダルなどは避けたほうがよさそうです。

霊巌洞に向かうまでに広がる金峰山の段々のみかん畑の景色もとってもキレイです。また、霊巌洞周辺は紅葉の美しい場所としても有名です。清少納言の父である清原元輔が霊巌洞の近くにある鼓ヶ滝を見て「音に聞く鼓の滝を打ちみれば山川の鳴るにありける」という和歌を詠んだとされています。ドライブがてら宮本武蔵のゆかりの地まで足を運んでみませんか?

▼スポット情報▼

お問い合わせ番号: 096-329-8854 
住所:〒861-5282 熊本県熊本市西区松尾町平山376−1
営業時間:8時00分~17時00分
駐車場:あり
入場料:大人200円、小人100円 団体20人以上1割引、50人以上2割引、100人以上3割引

熊本のおいしいグルメやフォトジェニックな観光スポットをご紹介します。

Twitter/instagram @fujii_sayaka_

この記事も読まれています

  1. 夏目漱石が三番目に住んだ家、「第三旧居」行った!入場無料

  2. 【ハートが出来る石橋】熊本県美里!恋人の聖地、「二俣橋」へ行ってきた

  3. 【昭和園】大津町、4万本のつつじが咲き乱れる公園に行った

  4. 【熊本下通りダイエー跡地】って何になるの?調べてみた結果はこちら

  5. 【藤の瀬】植木温泉・お庭を眺めながらのんびりできる源泉かけ流しの家族風呂

  6. 【熊本花火大会2016】日程・大会情報スケジュールはここからっ!

スポンサーリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

3,673人の購読者に加わりましょう