【霊台橋(れいだいきょう)】熊本県下益城郡にある、国指定重要文化財

LINEで送る
Pocket

今回、ご紹介するのは熊本県下益城郡にある、【霊台橋(れいだいきょう)】です。国指定重要文化財です。ハート♡の出来る橋とはまた、別物です。

【霊台橋の目次】

スポンサーリンク

 

▼霊台橋

江戸時代の石造単一アーチ橋としては日本一の大きさを誇る橋といわれています。全長90m・高さ16m。国指定重要文化財です。

▼行ってみた口コミ

今回は霊台橋を紹介させて頂きます。

橋の両サイドにそれぞれ、レストランやトイレもあるので、ここで休憩するのも良いでしょう。

DSC_0059

霊台橋の看板の下にあるロッジ系のレストランは2000円くらいはしたと思います。

DSC_0073

▼トイレ側から見た長めです。写真右下にレストランがあります。

DSC_0083

▼上の写真の裏側から橋を撮影してみました。

DSC_0063

▼橋の上から見た眺めです。

DSC_0066

石碑や地図もあります。

DSC_0077

説明文もありました。

DSC_0076

霊台橋を渡り、ついでに小崎棚田方面に向かう途中で道に迷いました。

DSC_0079

よんなっせを探すまで、迷ってしまい、変わった看板を見つけました。

DSC_0088

ドンカッチョ、カマツカの住む川へ

と書いてますが、どんな生き物なのでしょうか??

小崎棚田に行く近くによんなっせと言う土産物屋さんがあり、そこの近くのトイレに霊台橋の説明が書いてありまして、7か月で完成させたと書いてありました。

DSC_0135

当時ですから、勿論、人力で完成させたのですが、どうやって7か月もの短い期間で、完成させたのでしょうね。

7か月もの短い期間で完成させたため、中国の古典「孟子」の中の文王霊台建造の話に類似すると言う事で、篠原善兵衛は「霊台橋」と名付けたそうです。

石で造られた橋が、長い歳月を得ても、残っている事に偉大さを感じます。

多少の修復工事などはあったようですけれども。

余談ですが、美里町には沢山の橋がありますけれども、その橋を作った人達の子孫達は明治時代になった時に、明治政府に呼ばれて色々と建築の方面で活躍されたと耳にした事があります。

今、現在は、この霊台橋は車が通るようにはなっていなくて、そのすぐ上流に鉄で作った橋があって、そちらが新霊台橋となっていて、そちらの方を自動車は通るようになっております。

DSC_0068

どの写真も、車が通らないタイミングを見計らって、ササッと素早く撮ったので、車が写ってないのですが、実際は車がガンガン通ってます。

トイレがある側の橋の上から、レストランがある方の側を写した写真です。

DSC_0070

木の上にレストランを案内する為なのか、小屋のようなものがありました。

下益城郡にある「霊台橋」のご紹介でした。

▼スポット情報▼

お問い合わせ番号:0964-47-1111
住所:熊本県下益城郡美里町清水
営業時間:
駐車場:
入場料:

この記事も読まれています

  1. 【湯巡追荘】阿蘇・カラオケ無料!阿蘇五岳を眺めながら入る展望の日帰り温泉

  2. 【ゆめタウンサンピアン】9月1日に1Fフロアの営業再開!

  3. 『キムタクが熊本に!?』4月4日、大江ダイエー前に凄い人。

  4. 【出水神社】熊本!水前寺に、長寿の水があります。

  5. 【法の館 (旧三角裁判所)】に行ってきた!るろうに剣心ロケ地①

  6. 【阿蘇市農村公園あぴか】阿蘇の大自然の中にある運動公園

スポンサーリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

3,673人の購読者に加わりましょう