【魔法の美術館2016】熊本で楽しむ光のアート@入場料など詳細

magic
Pocket
LINEで送る

熊本市現代美術館で「かえってきた!魔法の美術館」展を開催中です+。*・(´>艸<)。・*゚☆ 光と影のイリュージョン!!見て、触れて、参加できる最新のデジタル技術を駆使した体感型のアート作品!不思議な空間を楽しむ事が出来ちゃいます。夏の思い出にどうぞ!9・19まで!

スポンサーリンク

 

出品作家

坪倉輝明、岡田憲一、岡田憲一+冷水久仁江(LENS)、松村誠一郎、藤本直明、重田佑介、藤元翔平、田中陽、森脇裕之、緒方壽人(takram design engineering)、team Panai(穴井佑樹、川口玄、張衍義、手塚健太郎、長谷川洵希、渡島健太)、スイッチ。計:12作家17作品

魔法の美術館

192109

光と影のワンダーランド。大人も子どもも夢中になって遊べるファンタジックな魔法の世界を、どうぞお楽しみください。

公式ページ

公式ページでは動画などが見れちゃいますよ!動画を見ているだけで、大人の私もワクワクしてきちゃいます!近々行こうと思っています。

会場:熊本市現代美術館
熊本市中央区上通町2-3 びぷれす熊日会館3階
TEL:096-278-7500
FAX:096-359-7892
http://www.camk.or.jp

開館時間:10:00~20:00
(展覧会入場は19:30まで)
※余震の状況によりましては変更する場合があります。

休館日:火曜日休館

観覧料:一般:1,000(800)円、
シニア(65歳以上):800(600)円、
学生(高校生以上):500(400)円、
中学生以下:無料

ぜひ、夏休みの思い出作りに行ってみて下さいね\(^o^)/

スポンサーリンク

 

FavoriteLoadingお気に入りに追加

関連記事

ページ上部へ戻る